介護老人福祉施設 特別養護老人ホーム 栗橋翔裕園
ケアハウス栗橋翔裕園

●ご利用いただける方

  • 60歳以上の方で、高齢による身体機能の衰えにより生活に不安が感じられるようになってきた方。
    だだし夫婦の場合はどちらか一方が60歳以上であれば可

  • 要支援、要介護状態になられた方
    (入院加療を要する病態の方はお断りすることがあります。)

  • 連帯保証人を1名立てられる方

●ご利用の施設について

サービスの種類 特定施設入居者生活介護 軽費老人ホーム
平成22年4月1日指定
事業所番号 1170900730
施設の名称 ケアハウス栗橋翔裕園
所在地 〒349−1104
埼玉県久喜市栗橋303−1
電話番号 0480-48-5163
FAX番号 0480-55-0006
開設年月日 平成22年4月1日
利用定員 40名

●ケアハウス月額利用料

平成30年4月1日より適用

  自立 要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
介護保険
1割負担
6,234
10,534円 18,368円 20,535円 22,836円 24,970円 27,236円
介護保険
2割負担
12,468円 21,068円 36,736円 41,070円 45,672円 49,940円 54,472円
生活費
(食材費+
共用部
光熱水費)
43,700円
サービス
提供費
(事務費)
52,500円 19,600円
管理費
(居住費)
50,000円
居室に係る
光熱水費
電気代…個メーターにて使用した分/水道料…1,000円(基本料金相当)
上乗せ
介護費用
10,000円 15,000円 18,000円
合 計
介護保険
1割負担
147,200円 130,534円 134,834円 147,668円 149,835円 155,136円 157,270円 159,536円
合 計
介護保険
2割負担
147,200円 136,768円 145,368円 165,036円 170,370円 177,972円 182,240円 186,772円

※上記合計金額は夜間看護体制加算・サービス提供体制強化加算・口腔衛生管理体制加算・介護職員処遇改善加算を含めた料金です。
 その他、退院・退所時連携加算・栄養スクリーニング加算など要件を満たした場合に算定となります。(下記「各種加算について」を参照)

※医療費、電話代、新聞購読費、日用消耗品、おむつ代、理美容代等の個人的なことに関する費用、その他、行事やクラブ活動などで実費が生じる場合がございます。

※上記月額利用料に冬季加算額として、11月から3月まで1,930円が加算されます。


●年収区分によるサービス提供費徴収額

対象収入による階層区分 本人からのサービス提供費
徴収額
国庫サービス提供費
助成額
要支援/要介護 自立者 要支援/要介護 自立者
@1,500,000円以下 10,000円 10,000円 9,600円 9,600円
A1,500,001円〜1,600,000円 13,000円 13,000円 6,600円 6,600円
B1,600,001円〜1,700,000円 16,000円 16,000円 3,600円 3,600円
C1,700,001円〜1,800,000円 19,000円 19,000円 600円 600円
D1,800,001円〜1,900,000円 19,600円 22,000円 0円 0円
E1,900,001円〜2,000,000円 19,600円 25,000円 0円 0円
F2,000,001円〜2,100,000円 19,600円 30,000円 0円 0円
G2,100,001円〜2,200,000円 19,600円 35,000円 0円 0円
H2,200,001円〜2,300,000円 19,600円 40,000円 0円 0円
I2,300,001円〜2,400,000円 19,600円 45,000円 0円 0円
J2,400,001円〜2,500,000円 19,600円 50,000円 0円 0円
K2,500,001円〜 19,600円 52,500円 0円 0円

※この表における「対象収入」とは、前年の収入から租税 ・社会保険料等の必要経費を控除した後の金額です。

※夫婦で入居される場合は、夫婦の収入・必要経費を合算し、その合計額の1/2をそれぞれ個々の対象収入とします。また、その合計額が150万円以下に該当するときは、夫婦それぞれの事務費徴収額は、一覧表の金額より30%を減額した金額となります。

例:1人 10,000円 − 3,000円 = 7,000円  2人で14,000円となります。


●各種加算について

加算項目の種類 説明
夜間看護体制加算 「重度化対応指針」を策定したうえで、看護職員との24時間連絡体制をとり夜間の緊急時においても医療機関と連携し対応を図る
※要支援1・2は加算なし
サービス提供体制強化加算V 直接処遇職員の総数のうち勤続年数3年以上の職員の割合が30%以上(6単位)
口腔衛生管理体制加算 歯科医師・歯科衛生士が介護職員に口腔ケアに係る技術的助言及び四号を月1回以上行なっている場合(30単位/月)
介護職員処遇改善加算(T) (基本サービス費+各種加算・減算)×8.2%
退院・退所時連携加算 医療提供施設を退院・退所した利用者を受け入れた場合(30単位/日)
※入居から30日以内に限る
※要支援1・2は加算なし
栄養スクリーニング加算 利用開始及び利用中、6ヵ月ごとに栄養状態について確認し、その情報を介護支援専門員に文書で共有した場合(5単位/回)
※6ヶ月に1回を限度とする
身体拘束廃止未実施減算 身体拘束の適正化を図るための委員会の開催・職員への周知・研修の定期開催の措置を行なわない場合(10%/日減算)
●外泊・入院等により居室を不在にした場合
※生活費・・・・・・・・・・・ 生活費のうち、食材料費(朝食130円、昼食190円、夕食190円、1日510円)については、入院翌日から7日目までは食材料発注の関係によりご負担いただきますが、8日目から退院日前日までの分は減額いたします。
※サービス提供費・・・・・・・ 全額ご負担願います。
※管理費・・・・・・・・・・・ 全額ご負担願います。
※介護保険1割及び2割負担・・ 入院翌日から退院前日までは費用発生がありません。

●居室等の利用について

こちらをご覧ください

●共用施設等の利用について

こちらをご覧ください

●介護サービス等の一覧表

こちらをご覧ください

ケアハウス栗橋翔裕園 
《お問合せ》0480−48−5163(直通)


Copyright © Kurihashi Shoyouen All rights reserved.