元気村グループの介護は
「働きたくなる。」
「やる気を見つけられる。」
そんな仕事です!

私たち元気村グループは、「家族主義」の基本理念の基、5つの社会福祉法人から集結したグループ法人です。
元気村グループでは介護の質を高めるための先進的な介護機器の導入、
アジアにおける国際的な活動、地域にねざした取組など、変化を恐れず常に「進化」し続けています。

01.

元気村グループの介護現場では、iPadを使用した介護記録、インカムを使用した職員間の情報共有、ご利用者の身体に合わせた福祉用具・福祉機器を導入しております。
福祉用具・福祉機器においては、スライディングボード・フレックスボード・移乗用リフト・入浴用リフトなど、腰痛の発症原因である「抱える」場面に合わせて選定し、専門講師による操作技術研修やeラーニングよる動画講習など安全に使用できるように充実した研修を行っています。福祉施設での職業病である「腰痛」を防ぎ、ご利用者にも「安心安全な介護」をご提供するためにも福祉用具のスタンダード化を進めており、元気村グルーブの介護職の全職員が安全に使用できることを目標にしています。

私たちの介護現場 1

私たちの介護現場 2

02.

元気村グループでは、異業種からの転職を歓迎しています。
介護の業界が初めての方でも安心して働けるよう、教育研修センターを設け、研修体制を構築しています。
また、グループ内に介護福祉士養成学校があるからこそ出来る充実した研修を受講できます。
異業種で培った経験を介護現場で活かしている仲間たちも多く働いています。

高木和弘前職 自動車関係
鎌ヶ谷翔裕園・課長

介護の仕事につくきっかけは? また、その中で元気村グループを選んだ理由はなんですか?

平成12年介護保険制度の開始に伴い、ニーズが広がる業種だと考えたからです。
他施設での夜勤アルバイトから始め、そこで一緒に働いていたスタッフの紹介で元気村グループに入職しました。

前職で、現在の仕事に役立っている経験はありますか?

前職は自動車関係の仕事をしていました。在庫管理や販売、営業の経験は業種を問わず役立っています。
もちろん自動車修理も簡単なことでしたらすぐに直せます。

これから、異業種から元気村グループで働きたいと思っている方へ一言

介護の業界は裾野が広く、まだまだニーズの伸びしろがあります。
その中でも元気村グループはスケールメリット、色々な事業展開(海外事業なども)、何よりも素敵な仲間たちと一緒に働けるのが魅力です。
ぜひ仲間に加わってください。

諏訪芳成前職 接客業
かむりの里・介護職

介護の仕事につくきっかけは? また、その中で元気村グループを選んだ理由はなんですか?

親の介護をしていたため、再就職の際は介護の仕事に就きたいと思っていました。
数カ月派遣の期間の中で、上司や先輩職員の方々の指導や人柄がよく、なによりご利用者の介護に携わり仕事の充実感を得たからだと思います。

前職で、現在の仕事に役立っている経験はありますか?

接客業をしていたため、コミュニケーションや言葉遣いなどがご利用者との会話時にとても役立っています。
菓子の製造もしていたため、行事の際、ご利用者に喜んでもらっています。

これから、異業種から元気村グループで働きたいと思っている方へ一言

どの職種の方でも経験を活かせるほど、介護の仕事は受け皿が広いと思います。
高齢社会で介護は身近にあると思いますが、介護の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
介護は誰の挑戦も待っています。一緒に頑張りましょう!!
ぜひ仲間に加わってください。

リターン職員
橋倉千夏
大田ナーシングホーム翔裕園・介護職

元気村グループでまた働こうと思ったきっかけは?

元気村グループ退職後、事務職で働いて1日パソコンに向かって作業をしていたが、刺激がなくやりがいを感じられなかった為です。

元気村グループの良いところは?

出戻りを受入れ、パートであったのを正職員にしていただき、今は委員会や担当の様々な仕事をさせてもらい、とても楽しくやりがいを感じられています。

仕事のブランクは感じましたか?また、戻った際の職場の雰囲気はどうでしたか?

初めは、やはり出戻りなので、気にかけられている感じはしました。
が、今は意見などを言い合える素敵な仲間に出逢えたと思っています。

リターン職員
佐藤航
しょうぶ翔裕園開設準備室(栗橋翔裕園)相談員

現在の仕事内容は?

現在は、平成30年にオープンする「しょうぶ翔裕園」の開設準備のため、ご利用者・スタッフの募集、新規オープンの為に必要な準備を色々と行っています。しょうぶ翔裕園開設後は長期入所の生活相談員として従事します。

元気村グループでまた働こうと思ったきっかけは?

退職後、有料老人ホームで管理職として勤務しておりました。
しかし、理想と現実で悩んでいところ、居宅ケアマネジャーとして復職してみないか、声をかけて頂く機会がありました。
自分自身が在宅支援の分野が無知であることを痛感していたため、元気村グループへ復職をすることを決めました。

元気村グループの良いところは?

居宅ケアマネジャーとして、様々な視点での勉強をしている中、
今回のような更なるステップアップの機会を与えて頂けることが大きな魅力であると感じています。
様々な分野で活躍する機会のあるグループであるため、自分の魅力を発揮する機会が多くあるグループであると思います。

仕事のブランクは感じましたか?また、戻った際の職場の雰囲気はどうでしたか?

仕事のブランクは、単刀直入に言うと「ありませんでした」。
復職の職種も、今までとは違い、在宅の分野であったため、新たな仕事を覚え、勉強する機会となりました。
職場の雰囲気も、以前から知っているスタッフからいろいろと声をかけて頂き、復帰後も温かく迎えてもらうことができました。

03.

元気村グループでは、仲間たちがいつまでも働いていきたいと思える職場を目指して、様々な取り組みを行っています。
グループのスケールメリットを活かし、各施設からの代表者が集う委員会・部会・親睦会など、他施設の仲間たちとの交流や意見交換の場を設け積極的に活動を行っています。平成28年10月に立ち上げたダイバーシティ委員会では、働きやすく、やりがいを持てる職場づくりに向けた「多様な働き方」について協議しております。グループ親睦会においては、1,000名以上の参加者をほこる忘年大感謝祭の企画他、様々なイベントを企画しています。
また、すべての職員がいきいきと働けるように、心の健康管理(メンタルヘルスケア)に力をいれ、職員が悩みを相談しやすい環境づくりにも取り組んでおり、取組みの一つとして産業医の先生をお招きし、毎月、施設を訪問・巡回していただいています。
グループ内職員で組織された、衛生委員会では働きやすい職場作りへの提言を行い、悩みを抱えた職員の面談も行っています。

働きやすい職場づくりへの取組み 1

働きやすい職場づくりへの取組み 2

04.

各施設では、職員有志によるサークルが多数あり、様々な活動が行われています。元気村グループで実施している「うめぼし体操」の作曲者でもあり、音楽療法士として施設を回っている宮川博之さんと職員有志によって結成された音楽バンド「元気バンド」は、施設での行事で披露しているほか、忘年大感謝祭で毎年900名以上の前での披露もしています。その他に、グループ内のバイク愛好家が集って、ツーリングを行っています。メンバーは施設長や現場の介護職員など現在7名で、最近では富士山までドライブしています。栗橋翔裕園では登山部を結成、日本最高峰の富士山にも挑戦し、登頂に成功しています。

【主なサークル】登山部・ツーリング・野球・フットサル・スポーツ部

サークル活動 1

サークル活動 2

05.

  • 中途職員者数 1,937 男性女性比率 2:1 ※平成29年11月現在
  • 職員最高齢 85
    ※平成29年11月現在
  • 職員平均年齢 38.5
    ※男性36.7歳 女性39.8歳
    ※平成29年5月時点
  • 離職率 11.4%
    ※平成28年度実績
  • 年間休日 112
  • 有給取得率
    55%
    ※平成28年度実績
  • グループ施設数 37
    ※平成29年11月現在
  • 1日あたり
    利用者数
    3,281
    ※平成29年11月現在

ENTRY

皆さまにお会いできること、
心より楽しみにしております。

エントリーはこちらから