INTERVIEW

「いろんなタイプの
 職員がいて良い」
 個性を尊重する元気村グループ。

相談員
山川 潤jun yamakawa
31歳 / 入社 2009.4

仕事の内容

相談業務として、ご利用者やそのご家族、施設で働く職員等、ご利用者に関わる人たちの間の連絡調整、情報の橋渡しを行います。
また、施設を利用する際の契約、説明も行っています。

元気村グループを選んだ理由

元気村を最初に知ったのは、大学4年の就職活動で行った就職説明会でした。
複数の企業の説明を受けるとクオカードがもらえるというシステムになっていたため、端から順番に聞いていった最後の施設が元気村だったことを覚えています。
その複数の中から元気村を選んだ理由の一つは、規模の大きさと、新規の施設を作っている最中でその施設が完成した後も、どんどん広がっていくだろうという話を聞いたからでした。

入職希望者へメッセージ

子供のころ、夢にまで見た老人ホーム・・・っという、夢の国のような業界にはまだなっていませんが、元気村には常に向上心があり、毎年、新たな目標を持つことができます。
誰にでも勤まる業界というほど甘くはありませんが、やる気のある方なら、これだけの大きなグループです、この業界の経験者、未経験者問わず、確実に成長させてくれる研修や先輩が多く、安心して働けます。
迷っている方は、是非、元気村で働きましょう!

働いてよかったこと

一番よかったと思うのは、飽きることなく仕事ができるということです。
最初、学校を卒業して定年まで約40年間も介護士をやることに不安を感じていました。
あまりにも先が心配で、定年退職までの日めくりカレンダーを作ってやろうかと考えたこともありました。
しかし、介護に慣れてきた頃から、色々な仕事をやらせてもらえるようになり、今では不安はなくなり、年齢を重ねていることも後押しして、一年間がすごく短く感じるようになりました。
最近は、相談員としての業務の他に、元気村グループの音楽療法士が中心になって、色々な施設から音楽好きな職員を集めたバンドに参加させてもらっており、その集まりが楽しみになっています。

休日の過ごし方

子供が少し大きくなり、公園に行ったり、同じ絵本を何十回も読まされたりしています。
それ以外では、元気村の職員で組んでいるバンドで外部に出向いて演奏させてもらったりすることもあり、楽しく過ごせています。

一日のスケジュール

9:00

始業・朝礼

現場や他部署からの申し送り、連絡事項の確認を行います。
毎朝、施設長から言葉を聞き、その言葉を胸に刻み、すがすがしい気持ちで1日をスタートしています。

9:15

送迎

ショートステイのご利用者をご自宅までお迎えに出発します。
ショートステイの送迎以外にも、長期入所のご入居者の受診の為、病院までご入居者付添いの職員を送迎します。

11:00

申し送り

ショートステイに入所したご利用者の情報、ご家族からの申し送りをユニットの職員に申し送ります。

12:00

休憩

施設でお昼を注文できますが、私は、愛妻弁当を毎日食べています。

13:00

外出or事務仕事

担当者会議や契約、実態調査、営業等で外に出ます。
外での用事が無い時には事務所で書類の作成や確認を行います。

15:00

芝刈り

庭の芝を刈ります。
冬の間は芝が生えてこないので、春が待ち遠しくなります。

16:00

送迎

ショートステイ退所者の送迎を行います。
ご家族に施設での様子を報告します。

17:30

日報記入

その日の情報を介護日誌に記入します。特に、正確な情報やご利用者の表情を意識して入力しています。

18:00

終業

お疲れ様でした。

ENTRY

皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。

エントリーはこちらから