グループ理事長メッセージ

家族のように支えあう中で、
社会福祉・介護事業を通して真剣に学び、
様々なチャレンジをして、
共に地域の長寿共生社会に貢献していきましょう。

元気村グループ 理事長
神成 裕介

私たちは「家族主義」「共に生きる」の基本理念のもと、50床の小さな特別養護老人ホーム「翔裕園」から始まり、理念に共有する仲間を増やしながら社会福祉事業・介護事業の裾野を広げてまいりました。今では、設立24年を越え、1日あたり約3,000名を超える高齢者の生活をお支えする社会福祉法人グループとなりました。

近年、社会福祉・介護福祉を取り巻く環境は、ご利用者そして福祉・介護サービスのニーズの多様化に伴い、様々なかたちの支援やサービスが求められるようになっています。そこで私たちは、今までの自身の歴史にとらわれることなく、「地域の高齢者のためになることは何なのか」を自問自答しながら、常に進化し続け、一人ひとりのニーズに即した良質なサービスを展開していきたいと考えています。

報道やメディアによって、しばしば介護は大変な仕事だと言われています。しかし、私たちはそのようには全く感じておりません。なぜなら、元気村グループの各施設では日々、多くの「笑顔」や「ありがとう」で溢れ、「感動介護」が実践される場にみちあふれています。人が人を支えて生きていく、仲間が仲間を支えて生きていく、かつての日本の村社会のように、皆が互いに支え合い家族のように過ごすことができる「共に生きる」場が私たちにはあるからです。

また、元気村グループには様々なチャレンジをするための環境や学び・育つ機会がたくさんあります。経験者でも、未経験者でもそのステップに合わせた研修プログラムの充実により、近年では諸外国からも注目をしていただき、多くの研修生を受け入れております。ローカルをベースにグローバルも経験できる。その場が私たちにはあります。介護は人間学であるからこそ、多くの経験を私たちの家族、仲間にはしてもらいたい。経験させてあげたい。と考えています。

是非、私たちと共に様々なチャレンジを通じて、より良い介護・より良い社会を築いていきませんか?

多くの仲間に出会えることを心待ちにしています。

ENTRY

皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。

エントリーはこちらから